任意整理とは?~借金を減額して賢く解決しよう~

任意整理とは?~借金を減額して賢く解決しよう~

任意整理とは?~借金を減額して賢く解決しよう~

任意整理と任意売却の違いは簡単に言えば、任意整理が借金全体に対しての手続きをできることで、任意売却が住宅ローンに対しての手続きだということです。任意整理の場合、このままでは返済をしきれないという時に弁護士や司法書士を通して債務の一部を減額し、過払い金があれば請求したりします。残りの金額を3年ほどの分割にして返済していきます。一方で任意売却の場合は住宅ローンを組んで不動産を購入した後、そのローンの返済が困難になってしまった場合に貸金業者との合意により不動産を売却する手続きのことです。売却代金をローンの残高返済にあてます。もちろんそれまで住んでいた家には住み続けることはできませんので引越費用なども整理して、今後の生活再建を行うことになります。

この両方を一度に行うこともあります。貸金業者からの借入れ、住宅ローンの借入れの両方があり、返済が困難になってしまった場合に両方をあわせて借金を減額します。手続きを依頼した時から債権者からの取り立てはなくなります。しかしこの返済期間中は信用情報機関にこれらの情報が載せられてしまいますので、もちろん新しい借入れやクレジットカードの作成はできなくなります。順調に返済をしていったとしても手続きを開始してから最短で5年間は信用情報機関に載せられていると考えておくほうが良いです。返済を完了後にどうしてもローンを組むなどする必要がある場合は、申込する前に信用情報機関を開示して確認してみると良いでしょう。