任意整理の相談をする際に必ず聞いておくべき事は?ポイント解説!

任意整理の相談をする際に必ず聞いておくべき事は?ポイント解説!

任意整理の相談をする際に必ず聞いておくべき事は?ポイント解説!

借金を解決する方法として、おすすめできる良いものとして任意整理があります。
任意整理では今まで支払ってきた貸金業者に対して、正しい借金額を再計算するところから手続きをはじめることになります。
再計算が必要になる理由としては、過去の貸金業者が行ってきた貸し付け事業において、本来の法律上の規定では金利の上限は15%から20%の範囲内と決められているわけですが、実際にはその利率を超える金利を設定して融資を行ってきた経緯があるからです。
利息制限法で定められている金利を超える利率で貸し付けを行っていた場合においては、再計算を行うことで払い過ぎた利息を取り戻すことが可能です。
任意整理の手続きを行う方法では、消費者金融業者などをはじめとする貸金業者から借り入れを行う契約を締結した時点まで遡って、法律で決められている利率を超える利息として支払った金額がどれぐらいあるのかを計算して、本当に支払う必要のある借金の総額を明らかにする手続きとなります。
払い過ぎている利息分が発生しているときには、借金の金額について減額を行ったり、支払い過ぎた分について返還請求をすることができます。
任意整理の方法によって減額された借金が残っているときには、将来分の利息について免除してもらうなどの和解交渉を行うことで、3年から5年程度の期間をかけて分割払いをすることで借金の返済を行っていきます。
貸金業者との交渉においては、法律的な知識が必要になってきますので、弁護士などの専門家に相談することが一般的な方法と言えます。