任意整理における任意売却は必ずしなくてはいけないの?※調査

任意整理における任意売却は必ずしなくてはいけないの?※調査

任意整理における任意売却は必ずしなくてはいけないの?※調査

任意整理と任意売却はどちらも「任意」と言う言葉が付いています。
任意整理は債務整理の方法の1つで、借金返済が困難になってしまった時に、弁護士や司法書士に依頼をして債権者との話し合いをして貰い、支払い方法について整理を行ったり、借金を減額する事や帳消しにするなど、債務を整理していく方法です。

任意売却は住宅ローンの支払いが困難になった際に不動産を自ら売却すると言う方法になるのですが、住宅ローンを組む時は金融機関は不動産を抵当権に設定をしており、住宅ローンの支払が困難になった場合には、抵当権を行使して不動産を差し押さえ出来る権利を持っているのです。

そのため、何もせずに入れば不動産は裁判所に差し押さえが行われることになり、競売にかけられて処分する事になるのです。
住宅ローンが多く残っている場合などでは、競売で処分して得たお金を使っても全ての返済が仕切れないケースも有ります。
競売の場合は、売却をした後の住宅ローンの残りは債務として残ることになるので、返済をしていかなければなりません。

しかしながら、差し押さえされる前に、金融機関と話し合いをして任意売却を行う事で市場価格に近い額で不動産を処分することが出来るため、ローンの全額を支払う事も可能になるのです。

尚、任意整理と任意売却の共通する点と言うのは、どちらも裁判所を通さずに自ら行うのが特徴なのです。
この自ら行う事、裁判所を通さない事からも「任意」と言う言葉が付いているのです。