任意整理の流れを誰でもわかるように解説!~借金解決ガイド~

任意整理の流れを誰でもわかるように解説!~借金解決ガイド~

任意整理の流れを誰でもわかるように解説!~借金解決ガイド~

債務整理の方法の一つに任意整理と呼ばれる方法が在ります。
自ら債務の整理を行う事からも任意整理と言うのですが、自ら債務の整理を行うと言う意味は、裁判所などを利用せずに行う債務整理と言う事なのです。
自己破産や個人再生、特定調停と言うのは任意整理とは異なり裁判所の許可が必要なのですが、任意整理の場合は裁判所を利用しない事、自己破産のように住宅を処分しなくても良いなどの特徴やメリットが有ります。

任意整理の流れと言うのは、債権者に対し過払い金の返還請求を行う事から始めます。
過払い金と言うのは過剰利息の事を意味しており、今までに支払い続けた返済の内、本来支払う必要の無い利息を取り戻す事を意味しています。

過払い金の返還請求を行うためには、債権者に対して取引履歴の開示を求め、取引履歴に記載されている金利を利息制限法の上限金利に置き直し、引き直し計算を行い算出する事になります。
求めた過払い金は債権者に対して返還請求を行う事で取り戻せるのです。

尚、任意整理の流れと言うのは弁護士や司法書士などに依頼をして行う事になりますが、過払い金の返還請求の流れについても弁護士や司法書士などに依頼をすることで代行して貰う事が可能になるのです。

過払い金の返還請求を行う事で借金の額を減額させることが可能になりますが、弁護士などが債権者に対して将来にわたる利息を軽減する提案を行ったり、借金の額を減額させるなどの提案を提出し、債権者と話し合いを行い借金の額を減らし、残りの債務を一定期間の中で返済をしていくと言う流れになる債務整理なのです。