任意整理をしたら…官報に載る情報と期間を調査してみました!

任意整理をしたら…官報に載る情報と期間を調査してみました!

任意整理をしたら…官報に載る情報と期間を調査してみました!

自己破産と並んで良く知られている債務整理手続きが、任意整理です。
債務整理は、借金が全額免責になるものと、減額を受けるに留まるものとに大別することができますが、任意整理は後者に該当し、主に利息分を減額してもらい残りを返済していくという流れのものとなります。
借金が全て無くなる自己破産という方法があるのにも関わらず、返済義務が残る任意整理を選択する人が多い理由は、やはり手続き後のデメリットが少ないからに他なりません。
自己破産のように一定以上の財産を所有していても手放す必要が無く、職業や資格に関する制限も一切無い点が代表的なメリットですが、それ以外に大きな特徴として挙げられるのが官報に掲載されないことです。
自己破産や個人再生といった債務整理は、裁判所による法的手続きである為官報にその情報が掲載され、ごく僅かではありますが第三者に知られてしまうリスクが存在します。
しかしながら、任意整理の手続きは裁判所を通さずに行うものである為官報への掲載はされず、第三者に知られるリスクなく手続きを進めることが可能です。
とはいえ、現実的には官報に掲載されたからといって、身近な人に知られてしまう可能性は極めて低い為、これを理由に自己破産を任意整理に変えてしまうことは得策とは言えません。
残債務が多いにも関わらず任意整理を行い、結局返済が不能になってしまうようでは本末転倒です。
任意整理はメリットの多い債務整理手続きではありますが、残債務と収入の額によっては冷静に自己破産を選択しましょう。