任意整理と過払い請求、違いが知りたい!~手続きに入る前に~

任意整理と過払い請求、違いが知りたい!~手続きに入る前に~

任意整理と過払い請求、違いが知りたい!~手続きに入る前に~

任意整理ができることになればその後の生活はどうなるのでしょうか。
まず任意整理によって確実に借金の返済額が減ります。
過払い金請求と一緒に行った場合にはその後借金そのものがなくなる場合もあるのです。
借金の額が減りますとかなり生活にも余裕ができますし取り立てにおびえる日から解放されますのでかなり楽になるのです。
ただしまだ圧縮されたとはいえまだ債務が残っている場合はきちんと返済しなければいけません。
しかしどうしても任意整理のその後返済ができまくなってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
もしもこれが個人版民事再生の場合でしたら返済が滞ると個人再生が取り消しされてしまうこともあります。
任意整理の場合は裁判所を通じていませんので返済できないから取り消しというわけではないのです。
返済できない場合には再び法律家に相談してさらに借金を圧縮してもらうなど方法があります。あと、月々の返済額が多いと思われる場合には長期返済にしてもらうこともできます。
任意整理の場合は裁判所を通じない取引ですので柔軟に債権者側との話し合いがまとまればどのような手段でも可能なのです。
ただ、せっかく任意整理に応じてもらったのですからその後返済できないということは基本的には通用しません。
もしも何度も借金の圧縮をするようでしたらもう信頼を失いますし今後一生その会社からはお金が借りられなくなります。それくらい信頼を失うことだと自覚しなければいけません。