任意整理の条件~賢い借金解決のために知っておこう~

任意整理の条件~賢い借金解決のために知っておこう~

任意整理の条件~賢い借金解決のために知っておこう~

借金の返済が困難になった時に行う、債務整理の一つに、任意整理があります。
現在の借り入れの状況を見直し、借入金を分割払いで返済していく事を条件に、将来分の利息をカットして貰い、現在よりも返済しやすい状態にしていく方法です。
借金自体が減る訳ではありませんが、利息カットにより、月々の返済はかなり楽になる事になります。
更に、この任意整理を行う際、過去の借入で過払い金があれば過払い請求を行う事になります。
過払い金が発生している可能性が高いのは、グレーゾーン金利が使われていた時代に、5年以上借り入れがあった場合です。
この場合、数十万の過払い金がある事も珍しくなく、借入金や借入期間によっては100万円を超える過払い金がある可能性もあります。
その場合、過払い請求を行い、取り戻した利息を、現在の借入金の返済に充てる事で、借金の返済が完了してしまう事もあります。
この過払い請求というのは、現在の借金についてだけでなく、過去に完済した借金に対しても有効です。
ですから、昔、高い金利を払っていたという場合、過払いの有無を確認して貰う事がお勧めです。
ただ、過払い請求には、完済してから10年を超えると請求ができなくなるという、時効が存在します。
ですから、心当たりがある場合、早めの手続きが重要になってきます。
任意整理は、借入金自体が大幅に減額になるという事はありません。
ですが、過払い金の確認や、将来の利息カット等で、今よりも返済がしやすい状態を作る事が出来る債務整理法です。