任意整理した場合、保証人に影響はある?※家族が保証人の場合

任意整理した場合、保証人に影響はある?※家族が保証人の場合

任意整理した場合、保証人に影響はある?※家族が保証人の場合

任意整理のデメリットとして、個人信用情報機関のブラックリストに記録され、手続きを行ってから5年間はこの記録が残ります。クレジットカードを作成したり、ローンを組もうとしたときには審査でこの情報を確認するため、貸し倒れのリスクが高いとして審査にと通りにくくなります。また、任意整理後の返済期間中に支払いの遅延を起こしてしまうと、その状態が解消されてから5年となり、記録されている期間が長くなってしまうので注意が必要です。
任意整理では債務の圧縮を行えますが、自己破産のように全額免除されるのではないこともデメリットです。残った債務は原則として3年、特別の事情が認められる場合には最長で5年間で返済しなければなりません。返済の見込みがない場合には利用できず、また、認めるかどうかは金融業者によって異なるため、圧縮による返済の見込みがあっても利用できるとは限りません。
連帯保証人がいる場合に迷惑をかける場合があることもデメリットになります。任意整理では整理する債務を選ぶことができるため、連帯保証人がいる債務を除いて手続きを行えば影響を与えずに済みます。しかし、連帯保証人がいる債務も対象にしなければならない場合、保証人が減額された債務の返済義務を負うことになります。このとき、連帯保証人も任意整理を行えば返済の義務を負わずに済みます。ただし、任意整理を行ったことでブラックリストに記録されてしまうため迷惑をかけることは避けられません。