任意整理後に困ったこととは?※手続きに入る前に必読!

任意整理後に困ったこととは?※手続きに入る前に必読!

任意整理後に困ったこととは?※手続きに入る前に必読!

現在の借入額では返済を継続することが困難ではあるものの、月々の返済額が減りさえすれば十分に支払っていける、という場合に良く利用されている債務整理手続きが、任意整理です。
貸金業者との交渉によって金利カットの和解案を結び、無理のない額で返済を続けていくというもので、自己破産のように直ちに借金が無くなることはありませんが、その分制限も少なく敷居が低めの債務整理手続きとなっています。
そんな任意整理後の数少ないデメリットとして挙げられるのが、クレジットカードなど新たな借入ができなくなるということです。
任意整理は自己破産とは異なり、基本的に元本の返済は続ける債務整理ではありますが、それでも当初の契約を履行できなかったことに違いは無く、当然貸金業者からの信用は失うということになります。
クレジットカードはその名の通り信用が無ければ利用することができない為、任意整理を行うと借入が出来なくなってしまいますが、だからといって永遠に使えないという訳ではありません。
金融に関する信用情報というものは専門の機関に登録され、貸金業者などは取引の際にその情報を照会して顧客の信用を確認していますが、任意整理を行った場合、その情報が5年間登録されることとなります。
よって、基本的に5年程度はブラックリストとなりクレジットカードの使用が制限されますが、期間経過後に情報が消されれば、再び取引が可能となります。
任意整理後、再びクレジットカードの利用が可能となった際には、債務整理を繰り返さないよう計画的な利用を心がけましょう。