任意整理のデメリット一覧~借金問題を早期解決するために~

任意整理のデメリット一覧~借金問題を早期解決するために~

任意整理のデメリット一覧~借金問題を早期解決するために~

任意整理は自己破産よりもデメリットが少なく、連帯保証人がいる債務や、職場に知られるリスクのある共済組合からの借入を除外して手続きを行うこともできる為、選ばれることの多い債務整理の方法です。
そんな比較的敷居の低い債務整理法として知られる任意整理ですが、裁判所を通さないという特徴がある為、比較的早く手続きが完了する点もメリットとなっています。
任意整理は債権者と直接話し合いを行う債務整理ですが、利息制限法に基づく十分な減額を得る為には関連の法律を熟知していることが必要不可欠です。
その為、手続きは弁護士か司法書士に依頼して行ってもらうのが現実的ですが、受任から和解契約が成立するまでに必要な期間としては、平均的に3ヶ月程度が目安となっています。
借金の返済が滞り、督促を頻繁に受ける生活を送っている場合、3ヶ月という期間でも長く感じてしまう人もいますが、弁護士や司法書士に依頼すればその時点で支払いは一時ストップし、督促も行われなくなるので、安心して和解成立まで待つことが可能です。
そんな任意整理ですが、自己破産のように免責される訳ではないので、手続き完了後、和解内容を守って正しく返済をしていくことが大切となります。
任意整理後、減額された借金を分割返済していく期間は基本的に3年となっていますが、それを滞納してしまい、結局一括請求になってしまうようでは、せっかくの和解が無駄になってしまいます。
任意整理後はしっかりと生活を見つめ直し、確実に返済を行うようにしましょう。