任意整理後、カードを作りたいときはどうしたらいい?調べてみた!

任意整理後、カードを作りたいときはどうしたらいい?調べてみた!

任意整理後、カードを作りたいときはどうしたらいい?調べてみた!

任意整理後は個人信用情報機関のブラックリストに登録されます。そのため、任意整理を行わなかったカード会社もこの情報を参照して任意整理を行ったことを知ることができます。そのため、任意整理後のカード作成は難しくなります。
しかし、この情報は永久に残るものではありません。各金融機関の加入している個人信用情報機関によって期間に違いがありますが、5年から7年間経過するとこれは削除され、追跡できなくなります。また、この登録情報は要求すれば取り寄せることもできます。そのため、任意整理後に作成しようとしているカード会社が加入している個人信用情報機関に確認し、記録がなければ申し込むと確実性が高くなります。
また、この情報が残っていても、中小の消費者金融などでは過去に債務整理を行っていても現在の状況が十分に返済能力があると判断できれば利用を認めるところもあります。基準は口コミなどで確認し、利用できそうなところに申し込むと良いです。
任意整理を行ったときに発行済みのカードについては原則として契約が破棄されるため、使用できなくなります。しかし、整理の対象になっていなかったカード会社は個人信用情報機関に照会を行うまではこれに気付くことができません。このことから、任意整理後も一定期間は利用を続けられます。この方法で利用するにはクレジットカードのショッピングの一括払いしかできません。分割払いやキャッシング、支払の遅延を起こすと個人信用情報機関に照会が行われて利用できなくなります。また、カードの更新日でも照会されるため、使えなくなります。